狭山市入間川T様邸リフォーム工事

狭山市入間川T様邸リフォーム工事

ご無沙汰しております。

社員大工の伊藤のブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、あんなに暑かった夏も終わり、気がつけばもう師走ですね。

私は、新築物件が終わってから狭山市入間川のT様邸リフォーム工事を

してましたが、つい先日約二か月に渡る工事が完了しました

そのなかで、あまり皆様方にご紹介しない部分を取り上げたいと思います

一つ目は、今回のリフォームで一階にあった和室と洋間との堺にあった

壁を取壊しワンフロア―にしたのですが、その際にどうしても残さなくては

ならない柱が二本あり、これらが新しいリビングの真ん中あたりに

立っていて、家族そろっての食事や団欒のひと時に欠かせない

ダイニングテーブルが置けません。

そこで、考えたのが柱を利用しての手造りテーブルになります。

写真をみて頂けるとおわかりいただけると思いますが

二本の柱をテーブルの真ん中にして

1000×2000のサイズのテーブルなのですが、実は500×2000の

板を柱の両脇からはめ込んで、一枚のテーブルに貼り合わせた

ものになります。

このサイズだと、大人6人くらいは余裕で食事などができると思います

尚、仕上げには、ペンキ屋さんにお願いして、床板に合わせた

カラーで、ウレタン塗装をしてもらいました。

 

 

 

 

 

二つ目は、通常リフォーム工事が終了すると、工事中移動しておいた

家具等を、また置きなおすのですが、置きなおした後に少し空きスペース

ができることがあります。今回のお客様のご要望にお応え、空いた

スペースにピッタリサイズのミシン台を作製しました。

こんな感じですね。

 

 

宮本工務店ではお部屋だけでなく、家具?もチャレンジ作製してます。

お気軽にご相談ください。