初めての手摺工事

初めての手摺工事

 

皆さん、こんにちは。

 

工務三課の佐々木鳴海です。

 

最近暑い日が続いたり、突然雨が降ったり、天気の方は凄く不安定です。

夏風邪が流行っているそうで、自分も風邪をひいてしまいました。

体調管理をしっかりして、健康な体を維持していきましょう。

 

話しは変わりますが、今月から大工仕事をしている工務三課の方に移動しました。

現場に出た際に山崎さんと仕事をさせて頂き

正確にかつ円滑に仕事を進める姿を見て、憧れであり

山崎さんを超えたいという目標が出来ました。

その為には山崎さんの仕事を見て学び

技術を盗んでどんどん覚えていきたいと思いました。

 

六月の最初の方に、手摺の取り付け工事を行いました。

手摺の工事をするのは初めてで、どうやってできていくのか楽しみでした。

手摺のベースを付けるのに何度も何度も微調整を行って

お客様が使いやすくなるようにお客様と相談しながら、工事を進めました。

高さであったり、角度であったり、お客様の要望に近づけるよう頑張りました。

 

工事が終わった際に、使いやすい・持ちやすいなどのお声を頂き

嬉しさと達成感を味わうことが出来ました。

今回は上司の山崎さんと行ったのですが

早く覚えて、一人で付けられるように頑張りたいと思います。

 

 

話はがらっと変わりますが、私の私生活についての話をしたいと思います。

 

最近、19歳の誕生日を迎えて

家族、友人、先輩の多くの方々に祝って頂きとてもいい日になりました。

この年になっても母親はケーキを買ってきてくれて、嬉しかったです。

 

母にはいつも感謝しています。

 

来週から夏の埼玉県予選が始まります。

自分も野球をやっていたので、非常に楽しみです。

やはり母校である埼玉県立飯能南高校に甲子園に行ってもらいたいです。

先日試合を見に行ったのですが、少し不安になりましたが

後輩達なら必ずやってくれると思うので、応援したいと思います。

 

もし時間があれば、見に行って応援したいと思います。

 

ご覧頂きありがとうございました。